空き家を活用して収益を得る方法

空き家を活用して収益を得る方法
空き家をどうにかしたいと考えている人
父親から空き家を譲ってもらったけど、遠方で良い使い方が思い浮かばず数年。
小さい頃に住んでいた家だから手放すのは嫌だな。
だけど高い固定資産税は払いたくないし、空き家になると税金が高くなると聞いたしどうしたら良いんだろう・・・。

今回はこのような疑問に答えます

本記事の内容

  • 空き家の活用方法をピックアップしてみました
  • 個人や法人相手に貸し出す
  • 家を解体して土地を利用する
  • 売り払う

損しない空き家の活用法とは

個人や法人相手に貸し出す

家をそのまま残して収益物件として活用する方法です。

空き家を建て替えたりせずになるべく活かしたい、不労取得で家賃収入を得たい方におすすめです。

どんな人におすすめなのか

  • 家賃収入を得たい人
  • 管理維持費が欲しい人
  • 建物を残しておきたい人
なお、借り手がいないと収入を得ることができません。
借りたいと手を上げてくれる相手を探すことが問題かなと思います。

面倒な作業を任せられる会社がいればありだと思う

ほとんどの家が、リフォームやクリーニングが必要になります。
専門家に現地に出向いてもらい、物件の調査やリフォーム工事を行います。
貸出できる状態になれば、集客を行い、入居してもらうことになります。

大家さんで貸す場合に、よく聞く質問と回答について
Q.人に貸すのと会社・事業者に貸すのと違いはあるの?
A.一番の違いは年間賃料の総額が1,000万円を超えたときにかかる消費税です。
主に、以下のような課税の違いがあります。

住居用・・・非課税
それ以外・・・課税
ただ個人の場合だと事業者に貸した場合でも、余程立地が良く高い賃料が取れるお店などでない限り、年間賃料が1,000万円を超えることは稀なことなので、頭の片隅においておいてください。

Q.でも賃貸経営って個人でできるの?
A.起業しなくても、資格がなくてもできます。
経営という言葉から何か資格が必要なのではないかとか、お金をもらうから商売として個人事業主や会社を立ち上げなくてはいけないのではといった心配を持つ方もいるかもしれませんが、その必要はありません。

確かに知っておいて損はないことや資格などはありますが、それがないとできないということはありません。ただ、確定申告の際に不動産所得の申告が必要です。

そういった知識などや情報、さらには個人で動くのは難しい入居者の募集、管理業務などは不動産会社に頼ることもできるので、利用するのもひとつの方法です。

空き家をそのまま貸すと出て行くお金を削減することができる

空き家を貸し出すといっても、中の家具を処分したり、傷んだ部分を修繕したりと大きな出費がかさみます、家具付きというか形で貸し出すことで最低限のクリーニングを行うことで貸し出すことができます。手間と費用を最小限に抑えられることが最大のメリットです。

最低限のリフォーム(壁紙の張り替えなど)やクリーニングをしたら、それだけで賃貸に出すことができます。

リスクをとらず、まずはできる範囲でビジネスを始めてみたい人におすすめです。