参加が叶わない方々にも知って頂きたく、セミナーでお話ししております内容をこちらにアップします。
ぜひ、ご一読ください。

 

自己紹介_オンコ株式会社

まずは、自己紹介をさせて頂きます。

田中宗樹_オンコ株式会社

わたしは、宮崎県の生まれで、宮崎大好き人間です。
また、国会議員秘書を7年務めたさせて頂いたことで、他業種との人の繋がりの重要性を学び、コラボレーションで社会問題を解決するビジネスの必要性を実感しました。
そこで、異業種の民間企業に加え、政治もつなぎ、社会問題を解決する仕組みを構築したく起業しました。
H28年より、HOUSE-ZOO株式会社でペット共生型のシェアハウスの事業を展開してきましたが、さらなるにコンセプトの展開を考え、年号も変わるこの年に、オンコ株式会社に社名変更を行いました。
関東の空き家と宮崎の空き家をつなぐビジネスを構築し、全国で活用できるモデルを作り上げたいと考えています。

企業理念_オンコ株式会社

続いて、弊社の企業理念をお伝えさせて頂きます。
私たちは、空き家の活用を通じ、日本の暮らし方を改革することを企業理念に掲げ取り組んでいます。
具体的に、住まいのシェアリングサービスを提供し、日本版CCRC構想を展開していきます。
CCRC構想については、後ほど、ご説明させて頂きます。
また、温故知新の精神で、古きものから学び、新しい住まいのスタイルを創ります。
顧客の恩顧となり、誰もが喜ぶことをビジネスにします。
以上を企業理念に掲げ、取り組んでいます。

日本シェアハウス協会_オンコ株式会社

一般社団法人 日本シェアハウス協会 副会長として、シェアハウス事業の発展及び普及活動に取組んでおります。

会社の取組み_オンコ株式会社

また、これから始めます、空き家を活用した、シニアシェアハウスの事業が、国土交通省 先駆的空き家対策モデル事業 に採択されました。

なぜ、ペット共生?_オンコ株式会社

私達が、ペット共生に取り組むのは、その昔、人間は、家畜や愛玩動物と暮らしていましたが、高度経済成長期以降、豊かさを求め、人間だけで暮らす社会が当たり前になってしまい、無くしたものがあると思っています。
犬や猫を撫でると、オキシトシンが分泌されて、、、、と、動物と暮らす効果を歌われますが、動物との共生が無くなったことで、弊害・障害が生まれたのかもしれません。
私自身が、九州の田舎育ちで、小さいころから動物を飼育していて、動物と暮らす環境は当たり前にありましたが、東京で、動物と暮らす環境を求めると、敷金増額、家賃割増しなど、ハードルの高さにビックリさせられたことも要因の一つです。

取組み_オンコ株式会社

現代版の『動物との共生住環境』が、必要と考えています。
「住まい」+「ペット」+「サービス」を提供していくことが、ストレス社会、空き家増加、独居老人増加、コミュニティ不足などの社会問題を解決するビジネスになると考えています。